March 20, 2018 / 3:06 AM / a month ago

水島年金機構理事長、個人データ入力の中国業者委託認める=参院で

[東京 20日 ロイター] - 日本年金機構の委託を受けた情報処理会社が、年金受給者の個人データの入力を中国の業者に再委託していたと報道された問題で、同機構の水島藤一郎理事長は20日午前の参院予算委で、その行為があったことを認め、違法であるとの認識を示した。

 3月20日、日本年金機構の委託を受けた情報処理会社が、年金受給者の個人データの入力を中国の業者に再委託していたと報道された問題で、同機構の水島藤一郎理事長は20日午前の参院予算委で、その行為があったことを認め、違法であるとの認識を示した。写真は都内で2015年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

共同通信は20日、年金の過少支給に関連し、約500万人分の書類に記載されたマイナンバーや配偶者の所得などに関する情報を扱っていた情報処理業者が、データの入力を中国の業者に任せていたと伝えた。

これに対し、水島理事長は、委託業者の再委託や海外への委託は契約上、禁止されていると指摘。

そのうえで、同機構は今年1月6日に特別監査を実施し「中国の業者に委託したことを把握した」と述べた。

また、水島理事長は、氏名の入力の委託であり、「個人情報流出のおそれはない」と語った。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below