for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本郵政のIPOが好スタート、かんぽ生命の初値は33%高

スライドショー ( 2枚の画像 )

[東京 4日 ロイター] - 4日に株式を新規公開した日本郵政3社の初値は、それぞれ売出価格を大幅に上回る好調な滑り出しとなった。3社ともに売出価格を大きく上回ったため、市場関係者からは投資家心理にプラスに働くとの指摘が出ている。

日本郵政6178.Tの初値は1631円となり、売出価格(1400円)より16.5%高い水準で取引が始まった。ゆうちょ銀行7182.Tの初値は1680円と、売出価格(1450円)を15.8%上回る水準。10時過ぎに売買が成立したかんぽ生命の初値は2929円と、売出価格(2200円)を33.1%上回った。

すでに第2次売り出にも期待が高まっており、ある証券会社の営業担当者には、第1次で買えなかった投資家から「次回はぜひ買いたいとの要請が来ている」という。

今回のIPOでは、日本郵政の株主である財務省が日本郵政の株式の約11%を売り出し、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の親会社である日本郵政もそれぞれ約9%、約11%の株式を売り出した。3社合計の売出総額は約1.4兆円で、日本のIPOとしてはNTT9432.T、NTTドコモ9437.Tに次ぐ過去3番目の規模。

*写真を追加しました。

江本恵美

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up