October 19, 2018 / 6:59 AM / in a month

農業総合研究所、日本郵政Gと資本提携 発行株の12.5%売り出し

[東京 19日 ロイター] - 農業総合研究所(3541.T)は19日、日本郵政キャピタル(千代田区)との資本提携契約を締結したと発表した。農業総合研究所の筆頭株主が10月31日に、同社の普通株式52万5000株を1株2000円で売り出し、日本郵政キャピタルが取得する。発行済株式総数に対する所有割合は12.5%、売出価額の総額は10億5000万円となる。日本郵政キャピタルは日本郵政(6178.T)の100%子会社。

農業総合研究所は、日本郵政グループのブランド力や機能・ネットワークなどを活かし、同社の農産物流通システム「農家の直売所」などの利便性を向上し、成長促進を図ることができると判断した、としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below