Reuters logo
景気動向指数、9月は2カ月ぶり低下 景気拡大「いざなぎ超え」の公算
2017年11月8日 / 06:29 / 13日後

景気動向指数、9月は2カ月ぶり低下 景気拡大「いざなぎ超え」の公算

[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日公表した9月の景気動向指数(速報、2010年=100)は、足元の景気を示す一致指数が115.8と前月比で1.9ポイント下降し、2カ月ぶりの低下となった。

 11月8日、内閣府が公表した9月の景気動向指数(速報、2010年=100)は、足元の景気を示す一致指数が115.8と前月比で1.9ポイント下降し、2カ月ぶりの低下となった。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

半導体などの電子部品・デバイスやスマートフォン、自動車、建設財など幅広い業種で生産・出荷が減少したことが影響した。指数を構成する9種類の経済指標のうち、鉱工業生産など6指標が悪化し、改善したのは商業販売額1指標のみだった。

一致指数から機械的にはじいた基調判断は、「改善を示している」との表現を12カ月連続で維持した。暫定的に今の景気拡大は58カ月に達したことになり、2012年12月に始まった景気拡大が、高度成長期の「いざなぎ景気」を超えて戦後2番目の長さとなった公算が大きい。茂木敏充経済財政・再生相は9月の月例経済報告の時点で現在の景気は「いざなぎ景気を超えた可能性がある」との認識を示しており、今回確認された格好。

9月の景気動向先行指数も106.6と前月比で0.6ポイント低下し2カ月ぶりのマイナスだった。11の経済指標のうち中小企業売り上げ見通しや最終需要在庫率指数など4指標が悪化した。衣料や建設関連の中小企業の売り上げ見通しが悪化したほか、 電子部品・デバイスの在庫率悪化などが響いた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below