for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪HPの領土表記、日本が反論 韓国はIOCに仲裁要請

[東京/ソウル 2日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は2日午前の会見で、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会のホームページの日本地図に竹島(韓国名・独島)が表示されていることに対する韓国側の抗議について、竹島は「歴史的事実に照らしても、国際法上も、明らかに日本固有の領土」だと述べ、抗議は一切受け入れられないと反論したことを明らかにした。

 加藤勝信官房長官は2日午前の会見で、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会のホームページの日本地図に竹島(韓国名・独島)が表示されていることに対する韓国側の抗議について、竹島は「歴史的事実に照らしても、国際法上も、明らかに日本固有の領土」だと述べ、抗議は一切受け入れられないと反論したことを明らかにした。写真は2012年8月、東京の韓国大使館前で撮影(2021年 ロイター/Yuriko Nakao)

竹島は、韓国が実効支配し、日本も領有権を主張する。

官房長官は、五輪組織委のHPに掲載されている地図は、客観的な表記をしていると同委員会より説明が行われていると指摘。

また、オリンピック憲章において、国際オリンピック委員会(IOC)の使命と役割として、スポーツと選手を政治的、または商業的に不適切に利用することに反対するとの条項があることは知られていると説明した。

企業・大学などでの新型コロナワクチンの接種を巡っては、現在、接種を行うことへの希望などを調査しており、それらを踏まえ、支援内容を速やかに検討して示したいとの考えを示した。

また、ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX」について、「資金不足とワクチンの供給の停滞という課題に対し、日本としてもできる限り貢献したい」とし、具体的な内容は2日開催されるサミットで菅義偉首相が表明する予定だと述べた。

首相は「COVAX」への8億ドル規模の追加拠出を表明する方針だと、一部報道で伝えられている。

<韓国はIOCに仲裁求める>

韓国のスポーツ競技団体を統括し、オリンピック委員会も兼ねる大韓体育会(KSOC)は1日遅く、国内で抗議活動が起きている五輪ホームページ表記を巡る問題について、IOCに「積極的な仲裁」を求める書簡を出した。

KSOCのキム・ボヨン広報室長はロイターに対し、「独島は韓国領であり、政治的中立性は大会で保証されなければならない。日本の行為は政治的な行動と見なすことができ、こうした行動はオリンピックの精神に反するとわれわれは考えるため、書簡を送付した」と語った。

韓国政府は1日、日本の総括公使を呼び、この問題について「強く抗議」した。韓国の一部政治家は東京五輪のボイコットを呼び掛けている。

同日にはソウルの日本大使館前で「旭日旗」を燃やして抗議し、その行為をユーチューブで配信した韓国の学生3人が逮捕された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up