Reuters logo
日経平均は反落、外部環境悪化で一時240円超安 任天堂大商い
2016年7月22日 / 06:36 / 1年後

日経平均は反落、外部環境悪化で一時240円超安 任天堂大商い

[東京 22日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落。下げ幅は一時240円を超えた。前日の米国株安やドル安/円高の進行など、外部環境の悪化を嫌気し、幅広く売りが優勢となった。一方、スマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」の国内配信が開始されたことを受け、任天堂(7974.T)は前日比で一時6%超高。連日の大商いとなったほか、関連銘柄にも買いが入った。

 7月22日、東京株式市場で日経平均は反落。下げ幅は一時240円を超えた。前日の米国株安やドル安/円高の進行など、外部環境の悪化を嫌気し、幅広く売りが優勢となった。写真は都内で2015年4月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

黒田総裁のヘリコプターマネー導入に対する否定的な発言が伝わったことで、外為市場では1ドル105円台まで円高が進行。日本株に対しては、短期的な過熱感や週末要因による利益確定売りも重荷となった。東証業種別指数では金属製品、医薬品、情報通信、水産農林を除く29業種が値下がりした。

日経225オプション8月限は、プット(売る権利)が総じて上昇。相場の下落に備える動きもみられた。JPX日経400.JPXNK400は9日ぶりの反落となった。

フィリップ証券リサーチ部長の庵原浩樹氏は「金融緩和や経済対策への期待はかなり織り込みが進んだ。期待をはやす形で株価が上昇しただけに、来週は相場に対し慎重な見方が広がる可能性がある」との見方を示している。

任天堂の売買代金は7260億円と大商い。東証1部全体の30%弱を占めた。前場中盤に日中高値を付けた後、一時マイナスに転じるなど荒い動きとなったが、終値は前日比0.79%高となった。

「ポケモンGO」配信開始を受け、新サービスを発表した日本マクドナルドホールディングス(2702.T)は4.17%高で終了。同社の売買代金はトヨタ(7203.T)を上回った。ゲームの熱中者が増え、スマホ向けのバッテリー需要が拡大するとの思惑から、アイオーデータ(6916.T)なども買われた。

ただ全体相場の商いは低調。東証1部出来高は今年3番目の低水準となった。

このほか、個別銘柄では中外製薬(4519.T)が反発。21日に発表した2016年1―6月期決算で連結当期利益が前年同期比4.7%増の315億円と順調だったことを好感した。

半面、ショーワ(7274.T)が反落。同社グループが生産したガススプリングの搭載車種でリコールの届け出があったと22日に発表し、嫌気された。

東証1部騰落数は、値上がり515銘柄に対し、値下がりが1322銘柄、変わらずが131銘柄だった。

日経平均.N225

終値      16627.25 -182.97

寄り付き    16612.90

安値/高値   16566.98─16691.81

TOPIX.TOPX

終値       1327.51 -11.88

寄り付き     1322.10

安値/高値    1321.27─1330.90

東証出来高(万株) 159104

東証売買代金(億円) 24289.02

長田善行

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below