for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウガンダ選手の所在不明、早期判明するよう対応を注視=官房長官

[東京 16日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は16日午後の会見で、東京五輪の事前合宿で大阪府泉佐野市に滞在していたウガンダの選手1人が所在不明になっていることについて、早期に所在が判明するよう状況を注視すると述べた。

加藤長官は泉佐野市の発表を承知しているとした上で、「早期に所在が判明するよう、現地での対応を注視している」と述べた。

南アフリカ各地でズマ前大統領の収監への抗議活動に端を発した暴動が発生していることに関し、加藤官房長官は「政府として懸念を持って情勢を注視している」と語った。これまで在留邦人に生命・身体に関する被害情報はないとしつつ、注意喚起を行い、不要不急の外出を控えるよう呼びかけているとした。日本企業の正当な経済活動が確保されるよう適切に対応する考えも示し、「邦人、日本企業の安全確保に万全を期していきたい」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up