May 27, 2019 / 10:26 AM / a month ago

イランと核問題で合意可能、「体制変更求めていない」=米大統領

[東京 27日 ロイター] - トランプ米大統領は27日、安倍晋三首相との共同会見で、イランの核プログラムに関し、同国と合意することは可能との認識を示した。

トランプ大統領は「イランがディールを望んでいると信じている。イランがそう望むことは非常に賢明だと思っているし、実現する可能性があると考えている」と述べた。

さらに「イランには、同じ指導者の下で偉大な国になるチャンスがある」とし、「われわれは体制変更を求めてはいない。その点を明確にしておきたい。われわれは核兵器のない状態を求めている」と述べた。

NHKは、安倍首相が6月中旬にもイランを訪問する方向で検討していると伝えた。

トランプ大統領は、安倍首相のイランへの対応を歓迎し、「首相がイランの指導者と非常に密接な関係にあるということは知っている。どうなるか見極めたい」と述べた。

共同会見で、安倍首相はイラン問題で日本としてできることはするとの方針を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below