Reuters logo
今日の株式見通し=弱もち合い、中小型株を中心に個別物色の展開
2017年3月6日 / 23:00 / 9ヶ月前

今日の株式見通し=弱もち合い、中小型株を中心に個別物色の展開

[東京 7日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もち合いとなりそうだ。外部環境に大きな変化がなく、相場全体を動かす材料は乏しい。売買高が膨らまず主力株の上値は重いとみられ、引き続き中小型株を中心とする個別物色の展開が見込まれる。日中は為替にらみとなり、状況次第では先物主導で値が振れる可能性もある。

日経平均の予想レンジは1万9200円─1万9500円。

前日の米国株市場は、トランプ政権の経済政策を巡り先行き不透明感が広がったほか、北朝鮮の弾道ミサイル発射による地政学リスクも嫌気され、主要指数は小幅に下落した。為替は1ドル113円台後半で落ち着いた動きとなっている。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は1万9370円、大阪取引所の夜間取引終値は1万9380円だった。寄り付きは同水準を意識して小動きで始まりそうだ。

3月期末を控えた国内法人の決算対策売りが需給を極端に悪化させるわけではないが、主力株の重しとなっている。市場では「中小型株が物色の中心にならざるを得ない。ヤマトHD(9064.T)の報道をきっかけにサービス業の働き方に絡むテーマが注目される」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ている。

国内には手掛かり材料が乏しいが、10日のメジャーSQ(特別清算指数)算出に向け先物で仕掛け的な動きが出る可能性はある。

主なスケジュールは、ロコンド(3558.T)が東証マザーズ市場に新規上場する。海外では1月米貿易収支が発表される。国内で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      19379.14 19668.01 14864.01

-90.03 2017年3月2日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物3月限 19370(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below