for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=デ杯、日本はセルビアに敗れて1次リーグ敗退

 男子テニスの国別対抗戦、デ杯本戦が20日にマドリードで行われ、A組の日本はセルビアに敗れて1次リーグ敗退が決まった。写真はノバク・ジョコビッチと対戦した西岡良仁(2019年 ロイター/Sergio Perez)

[マドリード 20日 ロイター] - 男子テニスの国別対抗戦、デビス杯(デ杯)本戦が20日にマドリードで行われ、A組の日本はセルビアに敗れて1次リーグ敗退が決まった。

日本はシングルス第1試合で杉田祐一がフィリプ・クライノビッチに2―6、4―6、第2試合では西岡良仁がノバク・ジョコビッチに1―6、2―6で連敗。第3試合のダブルスでは内山靖崇、マクラクラン勉組がヤンコ・ティプサレビッチ、ビクトル・トロイツキ組に6―7、6―7で敗れた。

19日のフランス戦に続く敗戦となった日本は、A組3位での敗退が決定した。

ことしから同大会は新方式に変更。18カ国が6組に分かれて総当たりし、各組1位と2位の上位2チームの計8チームが決勝トーナメントに進む。A組ではフランスとセルビアが首位通過を争う。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up