May 9, 2018 / 1:53 AM / 11 days ago

米裁判所、SECの調査でラップ歌手のジェイ・Zに証言命じる

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米ニューヨークの裁判所は8日、ラップ歌手で実業家のジェイ・Z(48)に対し、服飾ブランド「ロカウェア」のブランド管理会社への売却に関し証券取引委員会(SEC)が行っている調査で、今月15日に証言を行うよう命じた。

 5月8日、米ニューヨークの裁判所は、ラップ歌手で実業家のジェイ・Z(48)に対し、服飾ブランド「ロカウェア」のブランド管理会社への売却に関し証券取引委員会(SEC)が行っている調査で、今月15日に証言を行うよう命じた。写真は2013年10月撮影(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

SECはジェイ・Zに11月と2月に召喚状を送ったがいずれも無視されており、先週、裁判所に証言実施を求める申し立てを行っていた。

この日行われた裁判所での審理で、判事は「証言は5カ月も延期されており、これ以上待てない」と述べ、SECの証言要請は法的な合理性があるとした。証言が行われる場所は明らかになっていない。

ジェイ・Zは2007年、自身のブランド「ロカウェア」をアイコニックス・ブランド・グループ(ICON.O)に2億0400万ドル(約222億5000万円)で売却した。SECはアイコニックスが同ブランドの評価損として計上した2015年の1億6900万ドル、2017年の3460万ドルについて調査している。

SECは、ジェイ・Zの個人的関与や取引について質問したいと述べている。

ジェイ・Zは裁判所への提出文書で、長期にわたり証言を強要されると、間近に迫ったワールドツアーの準備の障害となる上、自身の証言は重要ではないと主張、証言は1日に限定して欲しいを要望した。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below