March 13, 2020 / 4:47 AM / 4 months ago

JDI、いちごアセットから追加資金調達で基本合意 100億円増額

 3月13日、ジャパンディスプレイは、いちごアセットグループのいちごトラストと最大604億円の追加資金調達で基本合意したと発表した。写真は都内で昨年10月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 13日 ロイター] - ジャパンディスプレイ(6740.T)は13日、いちごトラストと追加の資金調達で基本合意したと発表した。1月に公表した調達計画に対し100億円の増額となる。新型コロナウイルスの感染拡大で事業環境が悪化しており、追加的な運転資金を確保する。

JDIは、25日の臨時株主総会での承認を前提に、いちごに優先株504億円を発行する予定だが、2021年3月期第2四半期以降、追加で約50億円の運転資金が必要となる可能性があるとしている。

1月発表の資金調達計画では最大1008億円の調達としていたが、計画の一部を組み換えることで最大1108億円となる。会見した菊岡稔社長は「今想定している影響額に万全の手立てと考えている」と述べた。

今回の資金調達計画は、6月の定時株主総会の承認を前提とする。優先株50億円(普通株式への転換価額50円)の発行のほか、1月に発表した計画のうち新株予約権をいちごが放棄した上で、新たに優先株554億円を取得できる新株予約権を無償で発行する。優先株の普通株への転換価額は20円とする。

1月に発表した計画では優先株504億円分の新株予約権を無償発行し、JDIの資金需要に応じて、いちごが議決権のない優先株を引き受けることとしていた。優先株は1年後から1株50円で普通株に転換できるようになっていた。

JDIの13日終値は40円で、当初計画の転換価額を下回っている。会見に同席したいちごのスコット・キャロン社長は、今回の計画への組み換えによって「JDIの再建を確保し、いちごのためになる経済合理性を確保できていると思う」と述べた。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below