August 8, 2018 / 7:01 AM / 2 months ago

JDIの4─6月期営業赤字は98億円に縮小、月崎社長「引き合い旺盛」

[東京 8日 ロイター] - ジャパンディスプレイ(6740.T)が8日発表した2018年4─6月期決算(日本基準)は営業損益が98億円の赤字だった。構造改革による固定費低減などが寄与、赤字幅は前年同期の144億円から縮小した。

 8月8日、ジャパンディスプレイが発表した2018年4─6月期決算(日本基準)は売上高が前年比45.2%減の1032億円と大幅減となった。スマートフォン向けディスプレイの需要減が響いた。写真は都内で2016年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

売上高は前年比45.2%減の1032億円と大幅減となった。スマートフォン向けディスプレイの需要減が響いた。

ただ、会見した大島隆宣・最高財務責任者(CFO)は「売上減は予定通り。4─6月期で底を打って大きくターンアラウンド(反転)していく」と強調した。

最終損益は17億円の赤字だった。持ち分法適用会社JOLEDの増資で、持ち分変動利益119億円を計上したこともあり、赤字幅は前年同期の314億円から大幅に縮小した。

7─9月期売上高は狭額縁の液晶パネル「フルアクティブ」の出荷増により、4─6月期比で4─5割増、営業損益は同赤字縮小を見込んでいる。

9月には単月黒字化の予定で、2019年3月期の売上高は前年比1─2割増、営業利益率2─3%を予想している。

月崎義幸社長は「フルアクティブは非常に旺盛な引き合いがあり、各工場はフル操業の状況だ」と語った。

*内容を追加して再送します。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below