for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アングル:世界株ファンドに資金流入、来年に向けリスク選好回復

[24日 ロイター] - 新型コロナウイルスのオミクロン変異株流行による来年の世界経済への打撃はさほど大きくないとの投資家の見方から、世界株ファンドに大量の資金が流入している。

 12月24日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株流行による来年の世界経済への打撃はさほど大きくないとの投資家の見方から、世界株ファンドに大量の資金が流入している。ニューヨーク証券取引所で7月撮影(2021年 ロイター/Andrew Kelly)

リフィニティブのデータによると、22日までの週に世界株ファンドは330億ドルの資金流入。前週の131億ドルの資金流出から大幅な流入に転じた。

米国株ファンドは275億ドルの流入、アジア株ファンドは18億ドルの流入。一方、欧州株ファンドは15億ドルの流出だった。

この週は世界的に株価が力強く回復した。好調な企業決算に加え、米モデルナ製新型コロナワクチンのブースター接種(追加接種)がオミクロン株の感染予防効果があるとの臨床試験結果が支援材料となった。

世界債券ファンドには54億ドルが流入。前週の流出から流入に転じた。

マネー・マーケット・ファンド(MMF)からは32億ドルが流出し、リスク選好の回復が鮮明になった。

商品ファンドでは、貴金属ファンドが5億7800万ドルの流出超。流出は3週連続となった。

新興国市場ファンド2万4070本の分析では、債券ファンドが8900万ドルの流出、株式ファンドは18億ドルの流出だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up