for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JERA、米フリーポートLNG火災で今期1100億円の損失に

[東京 28日 ロイター] - 東京電力と中部電力が出資するJERA(東京都中央区)の吉田哲臣財務部長は28日、米国の液化天然ガス(LNG)プラント「フリーポート」で発生した火災は、今期業績に1100億円の損失として影響が出ると明らかにした。

損失の理由は主に、調達できなくなったLNGをスポット市場で代替したため。吉田財務部長によると「然るべき量が調達できないという前提で下期見通しに織り込んだ」という。

米南部テキサス州にある同プラントでは6月に大規模な火災が発生し、操業が止まっている。11月の初旬から中旬にかけて部分的な操業を再開、23年の前半にかけて全て復旧する予定。

同日公表した2023年3月期業績予想は、フリーポートLNG基地の火災の影響と燃料価格上昇による価格転嫁への期ずれ差損増加により2000億円の純損失の見通しとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up