for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユダヤ教徒とイスラム教徒のセレブが結婚、イスラエルで賛否

 10月11日、アラビア語が堪能なユダヤ人俳優ツァヒ・ハレビさんと、ヘブライ語ニュース番組のキャスターでアラブ系イスラム教徒のルーシー・アハリシュさんが10日に挙式し、こうした結婚が極めて珍しいイスラエルでは賛否両論が飛び交った(2018年 ロイター/Meggie Vilensky)

[エルサレム 11日 ロイター] - アラビア語が堪能なユダヤ人俳優ツァヒ・ハレビさんと、ヘブライ語ニュース番組のキャスターでアラブ系イスラム教徒のルーシー・アハリシュさんが10日に挙式し、こうした結婚が極めて珍しいイスラエルでは賛否両論が飛び交った。

友人によると、2人は4年前から交際していたが、文化的に微妙な衝突を避けるため秘密を守ってきた。

フリーペーパーのイスラエル・ハヨム(今日のイスラエル)に掲載された招待状には、2人は「われわれは平和協定に調印する」とジョークが書かれていた。

入手可能な最新データである2015年のイスラエルの統計によると、結婚した5万8000組のうち、ユダヤ系とアラブ系のカップルはわずか23組だった。イスラエルにおけるアラブ系市民の割合は20%程度。

国内最大の販売部数を持つイスラエル紙イディオト・アハロノトは一面に祝福の言葉を掲載。一方、超正統派ユダヤ教のラビであるデリ内相は、軍ラジオとのインタビューで「これは2人自身の私的な問題。だがユダヤ人(ユダヤ教徒)として、こうしたことには反対といわざるを得ない。われわれはユダヤ人であり続けなければならない。彼らの子どもたちが成長し、就学し、結婚したいと思ったとき、困難な問題に直面するだろう」と述べた。

*脱字を補って再送しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up