April 9, 2018 / 8:37 AM / 5 months ago

焦点:厳しさ増す国内勢の外債投資、円高懸念消えずJGB回帰も

[東京 9日 ロイター] - 国内投資家の外債投資に厳しさが増している。外債コア資産となる米国債利回りの上昇鈍化やドル調達コストの高止まりで、投資妙味が薄れているためだ。新年度に入り1週間余りが経過したが、米トランプ政権の政策運営に対する不透明感などから、円高圧力を意識。消去法的な投資先として、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策下で、安定しているJGB投資を再考する声も出始めている。

 4月9日、国内投資家の外債投資に厳しさが増している。外債コア資産となる米国債利回りの上昇鈍化やドル調達コストの高止まりで、投資妙味が薄れているためだ。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

<17年度外債買い越し4.0兆円、前年度比56.1%の大幅減>

財務省の対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)によると、居住者の2017年度対外債券(中長期債)投資は、4兆0292億円の買い越しにとどまった。買い越しは4年連続だが、その金額は前年度(9兆1890億円)に比べて56.1%の大幅減。

また、異次元緩和導入後、最高の買い越し額を記録した15年度(16兆2255億円)の4分の1以下まで落ち込んだ。

メリルリンチ日本証券・チーフ金利ストラテジストの大崎秀一氏は、国内勢が外債投資に慎重になったことについて「日銀が16年1月にマイナス金利を導入して以降、国内勢はより高い利回りを求めて外債投資を積極化していたが、同年秋の米大統領選後、トランプラリーによる海外金利上昇によって、損失を抱えて痛手を被った残像があるのだろう」と指摘。

そのうえで「金融当局が、外債投資を膨らませていた地銀をはじめ、金融機関のリスク管理厳格化方針を打ち出したことも、外債投資にブレーキが掛かった」と分析する。

<銀行・信託は2年連続の外債売り越し、生保は買い鈍化>

投資家部門別をみると、銀行・信託銀行の銀行勘定部門(預金取扱機関)は8兆8289億円の売り越しとなった。売り越しは2年連続だが、その金額は前年度(4兆1179億円)の2倍を超え、外債離れが鮮明になった。「外債は、最近のLIBOR上昇に象徴されるようにドル調達コストの上昇が響いて、キャリー収益を得られにくい。米金利が大きく上がればそこは買いだが、思うように上がらず、そして下がらずの状況下では、キャピタルゲインも取れず、外債は非常に手掛けにくい投資環境だ」(邦銀)という。

また、生保は3兆4255億円買い越しと4年連続の買い越しとなったが、金額は前年度(7兆7388億円)から55.7%減と半分以下に鈍化した。「ここ数年、外債を大きく買い越してきたため、エクスポージャー上、買い余地が狭まっている。負債が円建てであることも影響している」(生保)との声が出ている。

<厳しさ増す新年度運用、くすぶる円高・株安懸念>

4月に入り、新年度の機関投資家の運用計画が気になるタイミングだが「基本的に国債と外債の両にらみの投資姿勢は変わらない」(生保)としているものの、外部環境に不透明感があるため、日本国債に回帰する流れが想定されやすくなっている。

「今秋の米中間選挙あたりまでは、世界的に金利が上がりにくいのではないか」と国内金融機関の債券関係者は今後の金利見通しをこう示す。

米トランプ政権の政策運営リスク、北朝鮮情勢などの不透明要因で、円高・株安のリスクオフの懸念が意識されやすいとみているためだ。「日銀の出口議論は事実上封印され、むしろ追加緩和の可能性も否定できない。今年度は債券収益確保が運用上の重要なポイントになるだろう」と同関係者はみる。

4月に入り1週間余りが経過した円債市場だが、一部に警戒感があった期初の利益確定売りは、今のところ不発だ。むしろ、スタートダッシュの買いに押されて、10年国債利回りJP10YTN=JBTCは0%にむけてジワリと低下している。

メリルリンチ日本証券の大崎氏は「海外債券市場の流動性を踏まえると、メインは米債市場にならざるを得ない。ただ、米債も利上げ局面であることや、ドル調達コストの上昇で手掛けにくいのが実情だろう。それであれば、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策で、金利が低位で安定しているJGB投資に回帰するのではないかという見方が、市場の大勢だろう」とみている。

星裕康 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below