December 19, 2017 / 7:17 AM / 7 months ago

18年度市中国債、当初比7兆円減額へ 発行総額は4.1兆円減

[東京 19日 ロイター] - 2018年度国債発行計画の全容が判明した。市中向けの発行額は17年度当初比7.0兆円減の134.2兆円とし、利付40年債を初めて減額する。投資家の将来的な負債構造を見据え、超長期に偏った発行を見直す。複数の政府筋が明らかにした。

 12月19日、2018年度国債発行計画の全容が判明した。市中向けの発行額は17年度当初比7.0兆円減の134.2兆円とし、利付40年債を初めて減額する。写真はシンガポールで6月撮影(2017年 ロイター/Thomas White)

予算ベースの国債発行総額は149.9兆円で、前年度比4.1兆円の減額となる。財源不足を補う新規国債が0.7兆円、国債の借り換えに必要な借換債は2.8兆円減少する。復興債も0.6兆円の減額となる。

一方、入札を通じて金融機関から調達する市中発行額は2009年度以来の低水準となる。低金利下で政府収入が額面を上回って推移する現状から、発行減額とは別に、数兆円の減額要因が生じるためだ。当初ベースの減額幅としては07年度の8.4兆円に次ぐ規模となる。

年限別では、物価連動債と利付20年債を除く6銘柄を減額する。利付40年債は前年比0.6兆円減の2.4兆円とする。30年債は8.4兆円と前年当初から1.2兆円減らす。10年債や2年債も年1.2兆円の減額とし、それぞれ26.4兆円、25.2兆円となる。

5年債は減額幅を2.4兆円とし、年間24.0兆円を発行する。1年割引短期国債は年2.2兆円の減額とした。

既発債を追加発行する「流動性供給」は2年連続で増やす。市場の要望を踏まえて前年当初比1.8兆円増額し、18年度は12.6兆円とする方針だ。

山口貴也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below