April 28, 2020 / 4:28 AM / a month ago

物価連動債の来月発行2000億円で調整、原油安でさらに下げ=政府筋

 4月28日、財務省は、5月8日に予定している物価連動国債の発行額を2000億円とする調整に入った。写真はシンガポールで2017年6月撮影(2020年 ロイター/Thomas White)

[東京 28日 ロイター] - 財務省は、5月8日に予定している物価連動国債の発行額を2000億円とする調整に入った。複数の政府筋が明らかにした。当初3000億円としていた減額案を見直し、新型コロナウイルス感染拡大や原油安に伴う予想インフレ率の低迷に対処する。

2020年度の国債発行計画見直しで年初に4000億円と想定していた1回あたりの発行額を3000億円に引き下げたが、減額幅をさらに広げる。1回あたりの発行額としては13年の発行再開後でもっとも少なく、発行当初以来では17年ぶりの水準となる。

銀行や証券各社などとの書面協議を30日に実施し、月内にも正式に決める。

日銀は27日の金融政策決定会合で、国債購入額の上限撤廃を柱とする追加金融緩和と併せ、20年度の物価見通しをマイナス圏に下方修正した。同省は、発行減額と同時に6月末までの3カ月間の買入消却額を計1500億円とする下支え策も講じ、需給環境を改善させたい考えだ。

山口貴也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below