April 12, 2016 / 7:16 AM / 3 years ago

海自艦に18カ国の士官が乗船、インドネシアからフィリピンへ

 4月12日、海上自衛隊は、18カ国の若手士官を護衛艦に乗せ、インドネシアからフィリピンまで航海すると発表した。写真はハワイ・オアフ南沖を練習航海中の護衛艦「いせ」。2014年7月撮影(2016年 ロイター/Hugh Gentry)

[東京 12日 ロイター] - 海上自衛隊は12日、18カ国の若手士官を護衛艦に乗せ、インドネシアからフィリピンまで航海すると発表した。中国が南シナ海への進出を強める中、艦上で海洋安全保障などについて意見を交わす。

期間は13日から26日。オーストラリアやフィリピン、ベトナム、韓国などの大尉クラスが参加する。海自の護衛艦「いせ」に乗船し、インドネシアで行われる多国間訓練を見学後、フィリピンのスービック港へ向かう。洋上でセミナーを開き、法の支配や海洋安全保障をテーマに議論する。

いせは複数のヘリコプターが同時に発着できる大型護衛艦。スービック港で各国士官が下船後、米軍とフィリピン軍との共同訓練も計画している。

日本は南シナ海への軍事的な関与を強めており、12日には海自の護衛艦2隻がベトナムのカムラン湾に寄港した。同湾は中国がベトナムなどと領有権を争う海域に近い。

*カテゴリーを追加して再送します。

久保信博

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below