October 2, 2015 / 12:53 AM / in 5 years

有効求人倍率1.23倍に上昇、92年1月以来の高水準 失業率は3.4%

 10月2日、総務省が発表した8月の完全失業率(季節調整値)は3.4%で7月(3.3%)から悪化した。都内で2014年5月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 2日 ロイター] - 厚生労働省が2日発表した同月の有効求人倍率(季節調整値)は1.23倍と7月の1.21倍から上昇し、1992年1月以来の高水準となった。

総務省が同日発表した8月の完全失業率(季節調整値)は3.4%と7月の3.3%から小幅上昇したものの、3%前半という18年ぶりの低水準で推移しており、雇用情勢は改善基調が続いている。

完全失業率は、ロイターの事前予測調査で3.3%が予想されていた。

季節調整値でみた8月の就業者は前月比3万人減の6375万人となり、2カ月連続で減少した。一方、完全失業者は同4万人増の224万人で、2カ月ぶりに増加。非労働力人口は同1万人減の4469万人となり、2カ月ぶりに減少した。

この結果、完全失業率は3.4%と前月に比べて小幅上昇した。総務省では、失業率上昇の理由について、景気回復に伴ってより好条件の勤め先を探すなど自発的な離職者が増えていることなどをあげており、就業率も高水準で推移していることなどから、「雇用情勢は引き続き改善傾向で推移している」とみている。

有効求人倍率は、ロイターの事前予測調査で1.22倍が見込まれていたが、結果は予測を上回った。新規求人倍率は1.85倍と前月から上昇。有効求人数は前月比2.2%増、有効求職者数は同0.7%増となった。

*内容を追加して再送します。

伊藤純夫 編集:田中志保

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below