May 25, 2018 / 5:43 AM / 3 months ago

英外相にアルメニア首相名乗るニセ電話、18分会話後気づく

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国のボリス・ジョンソン外相にアルメニア首相になりすました人物から電話がかけられ、外相が18分間にわたってロシアとの関係やイラン核合意問題、シリアでの戦闘などについて語る失態を犯した。

 5月24日、英国のボリス・ジョンソン外相にアルメニア首相になりすました人物から電話がかけられ、外相が18分間にわたってロシアとの関係やイラン核合意問題、シリアでの戦闘などについて語る失態を犯したことが明らかに。写真は2015年7月撮影、電話をかけるジョンソン氏(2018年 ロイター/Paul Hackett)

電話の内容は、著名人や政治家を標的とし、2015年に英歌手エルトン・ジョンさんにニセ電話をかけたことでも知られるロシアの2人組「ボバンとレクサス」によってユーチューブに投稿され、ツイッター上で共有された。

英外務省は外相がなりすまし電話に引っかかったことを確認するとともに、相手の人物は「幼稚」と一蹴。メイ首相の報道官は、現在「確実な再発防止」のため捜査が行われていると説明した。

アルメニアのパシニャン首相になりすました人物は、プーチン・ロシア大統領と会談する予定だと述べ、ジョンソン外相に助言を求めた。また、この人物が、3月に英国でロシアの元スパイ親子の攻撃に使われた神経剤を引き合いに出して「(プーチン大統領が)ノビチョクで私を攻撃しないよう願う」と冗談を持ちかけると、ジョンソン外相が笑う声が聞かれた。

さらに外相は、アルメニアを訪れ「アルメニアのノビチョク体験」について学びを深めたいなどと述べた。

しかし、電話全体を通じて英国の公式政策に沿って発言し、最終的に会話に応じるのを中止。外務省は、「外相はいたずら電話と気付き、電話を終了した。われわれは確認を行い、速やかになりすまし電話と判明した」との声明を発表した。

ボバンとレクサスは、ジョンソン外相を過小評価していたと認め、レクサスはロシアのコムソモリスカヤ・プラウダ紙に「頭の切れる外交担当者で知的なことに驚いた。我々が、まぬけではない人物と話をしたのはおそらく初めて」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below