July 16, 2020 / 4:21 PM / 24 days ago

J&J、コロナワクチンの後期治験開始は9月の可能性

米医薬品・健康関連用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は16日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、大規模な後期臨床試験を9月にも開始できる可能性があると明らかにした。ニューヨークで昨年9月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[16日 ロイター] - 米医薬品・健康関連用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)は16日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、大規模な後期臨床試験(治験)を9月にも開始できる可能性があると明らかにした。

ポール・ストフェルズ最高科学責任者(CSO)は「第1相試験の初期データは9月後半にも出そろう見通しで、これが9月中旬から下旬に開始予定の第3相試験の土台になる」と述べた。

同社のコロナワクチン開発は、ヒトを対象とした治験がまだ始まっておらず、他社と比較して出遅れが目立っている。米モデルナ(MRNA.O)は今月27日から後期治験を開始する予定。英アストラゼネカ(AZN.L)とオックスフォード大学の共同チームも20日に初期治験の結果を公表する見通し。

J&Jの第2・四半期決算は、純利益が36億3000万ドル(1株当たり1.36ドル)と、前年同期の56億1000万ドル(同2.08ドル)から減少。ただ特別項目を除く1株利益は1.67ドルと、リフィニティブのアナリスト予想平均である1.49ドルを上回った。

通年の調整後1株利益見通しは従来の7.50—7.90ドルから7.75ー7.95ドルに引き上げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below