for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米地裁、J&Jに1.2億ドルの支払い命令 ベビーパウダー訴訟で

 米ニューヨーク州地裁は20日、米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に対して、ブルックリン在住の女性とその夫に1億2000万ドルを支払うよう命じた。この女性は同社ベビーパウダーの使用によるアスベスト(石綿)被ばくでがんになったと訴えていた。写真は同社のベビーパウダー。ニューヨークで2016年2月撮影(2020年 ロイター/Mike Segar)

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米ニューヨーク州地裁は20日、米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に対して、ブルックリン在住の女性とその夫に1億2000万ドルを支払うよう命じた。この女性は同社ベビーパウダーの使用によるアスベスト(石綿)被ばくでがんになったと訴えていた。

裁判は2019年5月以降、計14週にわたり行われ、陪審団はJ&Jに対して原告のドナ・オルソン(67)とロバート・オルソン(65)に3億2500万ドルを支払うよう決めた。しかし、同州地裁のジェラルド・レボビッツ判事は減額を命じた。

レボビッツ氏は11日、陪審団がJ&Jの法的責任を認定したことについて支持しつつも、損害賠償額が高すぎると指摘。オルソン夫妻は1億2000万ドルを受け入れるか、新たに損害賠償訴訟を起こすかを選択できると説明した。

J&Jは裁判について「法律と証拠に重大な間違いがある」として、上訴する方針を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up