June 18, 2018 / 2:34 AM / 4 months ago

A・ジョリーさんが5度目のイラク訪問、シリア難民への支援訴え

[Domizキャンプ(イラク) 17日 ロイター] - 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使を務める米女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが17日、イラクの難民キャンプを訪問、世界はシリア難民の問題に適切な投資を行っていないと訴えた。

 6月17日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使を務める米女優、アンジェリーナ・ジョリーさん(写真中央)が、イラクの難民キャンプを訪問、世界はシリア難民の問題に適切な投資を行っていないと訴えた(2018年 ロイター/Ari Jalal)

3万3000人のシリア難民が暮らすクルド人自治区のDomiz難民キャンプを訪れたジョリーさんは、シリア難民支援のためにUNHCRが受領した資金は、今年に入って昨年より急減しており、必要な資金の半分しかないと記者会見で述べた。

「必要最低限の支援すら行われず、難民の家族らは十分な医療サービスを受けられない。女性や少女らは性的暴力の危険にさらされている。子供たちは学校に通えない」と述べた。

ジョリーさんは16日にはモスルを訪問し、住民らと会ったり市街地を歩いたりした。昨年、過激派組織「イスラム国」(IS)から解放され、復興の途上にあるモスルについて「引き続き、町の復興や安定に向けた取り組みが続くよう願っている。国際社会にモスルを忘れないよう呼び掛けたい」と述べた。

UNHCRによると、ジョリーさんがイラクを訪問するのは5回目となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below