June 5, 2018 / 6:56 PM / 6 months ago

米求人件数、4月は669.8万件に増加 過去最高を更新

6月5日、米労働省が発表した求人労働移動調査(JOLTS)によると、4月の求人件数(季節調整済み)は前月から6万5000件増の669万8000件と、統計を始めた2000年12月以降で最高の水準となった。写真は2014年9月、ボストンで(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米労働省が5日発表した求人労働移動調査(JOLTS)によると、4月の求人件数(季節調整済み)は前月から6万5000件増の669万8000件と、統計を始めた2000年12月以降で最高の水準となった。

採用件数は9万2000件増の557万8000件だった。失業率は3.8%と18年ぶりの低水準にあり、労働市場は完全雇用かそれに近い状態にあるとみられている。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スイート氏は「政策決定者らが許容したいと考える水準以上に、インフレが目標の2%をオーバーシュートするという、連邦準備理事会(FRB)の懸念を強める(統計)内容だ」と話す。

レイオフ率は1.2%と、前月の1.0%から控えめながら上昇した。芸術・娯楽のほか、金融・保険業界などで目立った。

自発的な離職率は変わらずの2.3%だった。

求人は、製造業や情報分野に集中した。欠員は金融・保険業界で減った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below