March 8, 2018 / 2:34 AM / 9 months ago

ラグビー=ジョーンズ氏、豪代表の次期監督候補に

 3月7日、オーストラリア・ラグビー協会は、2019年W杯日本大会でオーストラリアが優勝できなかった場合、現在イングランド監督を務めるエディー・ジョーンズ氏(写真)を次期監督候補として検討するという。英バグショットで6日撮影(2018年 ロイター)

[シドニー 7日 ロイター] - オーストラリア・ラグビー協会(RA)は、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会でオーストラリアが優勝できなかった場合、現在イングランド監督を務めるエディー・ジョーンズ氏(58)を次期監督候補として検討するという。

オーストラリア代表のマイケル・チェイカ監督は2015年W杯イングランド大会でオーストラリアを決勝に導いた実績を持ち、もし日本大会で優勝を果たせなければ退任するとの意向を明らかにしている。

RAはまだチェイカ監督の後任探しに向けた準備を始めていないというが、ハイパフォーマンス・マネジャーを務めるベン・ウィテカー氏は豪フォックススポーツで、2001─05年にオーストリア代表でコーチを務めた経験を持つジョーンズ氏は間違いなくリストアップされると語った。

オーストラリア出身のジョーンズ氏は、イングランド・ラグビー協会との契約を2021年まで延長したばかり。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below