April 19, 2019 / 2:51 AM / 3 months ago

ヨルダンの地下室に「怒りの部屋」、ハンマーで皿やテレビ壊し発散

 ヨルダンの首都アンマンの地下室に、「怒りを断ち切る部屋」と題した施設がオープンした。防護服とヘルメットを着用し、古い物を壊したり、皿やグラスを割ったりして怒りや不満を発散させることが可能だ。16日撮影(2019年 ロイター/Muhammad Hamed)

[アンマン 18日 ロイター] - ヨルダンの首都アンマンの地下室に、「怒りを断ち切る部屋」と題した施設がオープンした。防護服とヘルメットを着用し、古い物を壊したり、皿やグラスを割ったりして怒りや不満を発散させることが可能だ。

この日は少人数のグループが古いテレビ、コンピューター、プリンターに向かって巨大なハンマーを振り回し、自動車のフロントガラスを粉々に砕いた。費用は17ドル(約1900円)で、オープン以来、毎日約10人の客が訪れるという。

共同設立者のアラディン・アタリさんは「ここは単に、物を壊して感情を発散する場所だ」と話す。「人々が新しい経験を求めて来る場所であり、破壊できるさまざまなものが用意してある」

「怒りの部屋」と呼ばれる似たような施設は世界各地にあり、怒りを発散させる場所として人々を引き付けている。

訪問者の中には、黒板に「元カノ」「上司」「彼氏全員」などと書き、怒りをぶつける人もいるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below