March 30, 2018 / 12:05 AM / 4 months ago

鉱工業生産1─3月減産の公算 新年度入り後増産へ 生産機械けん引 

[東京 30日 ロイター] - 経済産業省が30日発表した2月鉱工業生産指数速報は前月比4.1%上昇したものの、ロイターの事前予測5.0%上昇を下回り、1月の低下を補うには力不足だった。やや高めとなっている在庫の調整も影響しているとみられる。3月予測も踏まえると、1─3月期は前期比減産となる公算が大きい。もっとも、新年度が始まる4月以降は設備投資需要や自動車部品輸出などが押し上げて高めの生産計画となっている。

 3月30日、経済産業省が発表した2月鉱工業生産指数速報は前月比4.1%上昇したものの、ロイターの事前予測5.0%上昇を下回り、1月の低下を補うには力不足だった。川崎市で2012年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

2月は1月の落ち込みの反動増で高い伸びが期待されていたが、それほどの上昇幅にはならなかった。上昇に寄与した輸送機械工業は自動車部品や普通乗用車がけん引、はん用・生産用・業務用機械工業は機械プレスやマシニングセンター等、電子部品・デバイス工業ではメモリーやスマートフォン向け液晶素子などが好調だった。ただ、輸送機械も電子部品・デバイスも出荷の伸びに比べて生産が強めで、在庫が前年比で積み上がり気味となっており、年度末の生産の頭を抑える要因となっているもよう。

生産予測指数は3月が前月比0.9%上昇と強くはないが、4月が同5.2%の大幅上昇となった。

これを踏まえ経済産業省では、1─3月期の生産は昨年10─12月期の生産水準が高かったこともあり減産に転じる可能性が高いとみているが、4月の生産計画が非常に高水準となっていることもあり、再び増産傾向に向かうとみている。特に資本財(除く輸送用機械)の生産計画は前年比でみても2桁増が続いており、設備投資関連の生産用機械の需要が強いという。人手不足が続くことから工作機械や生産用ロボットなどが引き続きけん引しそうだ。

このほか、電子部品・デバイスや輸送用機械も、3月は低下したものの4月の生産計画は増産となっている。

経済産業省は生産の基調判断を「緩やかな持ち直し」として据え置いた。

*内容を追加します。

中川泉 編集:山川薫  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below