December 25, 2018 / 12:30 AM / 22 days ago

主力株で年初来安値更新相次ぐ、米株急落でリスク回避の売り

 12月25日、東京株式市場で、トヨタ自動車やキヤノン、任天堂など主力株が相次いで年初来安値を更新。写真はトヨタのロゴ。仏パリで10月撮影(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

[東京 25日 ロイター] - 東京株式市場で、トヨタ自動車(7203.T)やキヤノン(7751.T)、任天堂(7974.T)など主力株が相次いで年初来安値を更新。

ソフトバンクグループ(9984.T)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)が2年ぶりの安値水準で推移しているほか、ソニー(6758.T)、TDK(6762.T)が5%を超す下げとなっている。国内連休中に米国株が急落し、リスク回避の売りが広がっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below