July 10, 2019 / 4:51 AM / 2 months ago

かんぽ生命と日本郵便、保険の不適切販売で午後4時から会見

 7月10日、かんぽ生命保険と日本郵便が不適切販売問題で午後4時から会見を行う。写真は日本郵政グループのロゴ。2015年11月に東京で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - かんぽ生命保険(7181.T)と日本郵便が不適切販売問題で10日午後4時から会見を行う。かんぽ生命の植平光彦社長、日本郵便の横山邦男社長らが出席する。

かんぽ生命によると、2016年4月から18年12月にかけて新旧保険からの保険料の二重徴収が2万2000件に上った。旧契約の解約して新規契約を結び直すまでの間、一時的に無保険になるケースが約4万7000件に上ることもわかっている。

6月には、顧客が保険を乗り換える際に不利益を受けたケースが19年3月までの5年間で少なくとも2万3900件に上ると発表した。

*内容を追加しました。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below