July 19, 2018 / 12:03 AM / 5 months ago

貿易収支1―6月は6067億円の黒字、原油高で前年比4割減 輸出は好調

 7月19日、財務省が発表した2018年上期(1―6月)の貿易収支は6067億円の黒字で、半期ベースでは5期連続の黒字だった。都内の港で2015年6月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 19日 ロイター] - 財務省が19日発表した2018年上期(1―6月)の貿易収支は6067億円の黒字で、半期ベースでは5期連続の黒字だった。自動車や半導体製造装置、産業用機械の輸出が伸びたものの、原油価格の上昇で輸入が大きく拡大したため、黒字は前年同期比で39.9%の減少となった。

6月単月では貿易収支が7214億円の黒字。中国向け自動車エンジンなどの輸出が伸びた一方、中国からのパソコン輸入が減少。輸入全体の伸びが輸出を下回り、2カ月ぶりの黒字となった。ロイターの予測中央値は5342億円の黒字だった。   

6月の輸出は前年比6.7%増の7兆0524億円となった。増加品目は原動機(同15.4%増)、半導体等電子部品(同9.0%増)、自動車の部分品(同8.4%増)など。中国向け半導体や自動車部品のギアボックスなどがけん引した。

地域別内訳は米国向けが同0.9%減と、1年5カ月ぶりにマイナスとなった。中国向けが同11.1%増、欧州連合(EU)向けが同9.3%増、中国を含むアジア向けが同8.6%増だった。

米国向け鉄鋼が同17.2%減少し、数量ベースでは32.3%落ち込んだが、財務省は米国の輸入規制の影響かどうか判断できないとしている。

一方、6月の輸入は前年比2.5%増の6兆3310億円だった。増加品目は原油(同20.2%増)、非鉄金属(同23.1%増)、衣類・同付属品(同9.1%増)など。 サウジアラビアからの原油や、南アフリカからのパラジウムが増えた一方、中国からのパソコン、米国からの航空機などが減少した。

上期の輸出は、前年同期比6.2%増の40兆1305億円と3半期連続で増加し、半期ベースで過去5番目の高水準となった。中国向け半導体製造装置やマシニングセンタなどが伸びた。上期の輸入も、前年同期比7.5%増の39兆5238億円と3半期連続で増加し、過去5番目の高水準だった。サウジアラビアからの原油や韓国からの灯油などが増えた。

*内容を追加します。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below