April 10, 2018 / 11:58 PM / 8 months ago

企業物価、3月は前年比2.1%上昇 4カ月連続で伸び鈍化

 4月11日、日銀が発表した3月の企業物価指数(速報)によると、国内企業物価指数(2015年=100.0)は前年比で2.1%の上昇となった。都内で3月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 11日 ロイター] - 日銀が11日に発表した3月の企業物価指数(速報)によると、国内企業物価指数(2015年=100.0)は前年比で2.1%の上昇となった。原油価格の上昇ピッチが弱まったことに加え、円高も影響し、伸び率が鈍化した。プラス幅の縮小は4カ月連続。ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は前年比プラス2.0%だった。

前月比では0.1%低下した。マイナス転じたのは2016年10月以来、17カ月ぶり。

前年比でみた内訳では、「石油・石炭製品」が7.0%、「非鉄金属」が6.5%、「鉄鋼」が6.2%、それぞれ上昇したが、2月時点と比べるといずれも上昇幅は縮小した。

上昇品目数と下落品目数は、公表744品目のうち前年比で392品目が上昇、235品目が下落した。上昇と下落の差は157品目で、前月の140品目から拡大した。

日銀の調査統計局は「企業物価のこれまでの上昇基調は一服したが、今後の動向については不確実性が高く、引き続き国際情勢を注視する」(幹部)との見方を示した。

一方、2017年度の指数は前年度比2.7%上昇と、3年ぶりのプラスとなった。

*内容を追加しました。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below