for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マルハニチロ、米アラスカ鮭鱒事業から撤退へ 子会社売却

[東京 2日 ロイター] - マルハニチロ1333.Tは2日、米国アラスカ州にある子会社ピーターパン・シーフード(PPSF)を米国の水産物加工販売会社に譲渡し、アラスカ鮭鱒事業から撤退すると発表した。譲渡額は2790万ドル(約29億1800万円)。今年12月31日に売却を完了する予定。

PPSFは同地の加工工場でアラスカ産紅鮭・カラフト鱒などの水産加工と販売を行ってきたが、近年は新規生産者の参入に伴う原料魚価の高騰、集魚不足によるコスト高・生産減などで営業損失が続いており、収支改善が見込めないと判断した。

譲渡に伴い、2021年3月期の第2・四半期連結業績に特別損失として約30億円を計上する予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up