June 21, 2018 / 11:37 PM / 3 months ago

消費者物価、5月は前年比+0.7% 前月から横ばい

[東京 22日 ロイター] - 5月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は前年同月比0.7%の上昇となり、前月から横ばいとなった。ロイターがまとめた民間予測と一致した。外食やエネルギーが押し上げに寄与したものの、外国パック旅行費の下落が相殺した格好だ。

 6月22日、5月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は前年同月比0.7%の上昇となり、前月から横ばいとなった。都内のスーパーマーケットで2015年2月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

総務省が22日、発表した。コアCPIを構成する523品目のうち、上昇したのは281品目。上昇品目の数は5割を超えており、「幅広く色々と上昇している」(総務省)とみられる。

業務用のビールに加え、回転寿司や焼肉などの外食が上昇した。原材料価格が上がったことや、人手不足の影響が価格に反映された可能性がある。ガソリンなどのエネルギーも指数を押し上げる方向に働いた。

一方、大型連休の日並びの関係で、外国パック旅行費がマイナスに寄与。差し引きでは前月と同水準にとどまった。

生鮮食品とエネルギーを除いた、物価の基調的な動きを示すコアコアCPIは前年比0.3%の上昇と、2カ月連続でプラス幅を縮小した。総合指数は前年比0.7%の上昇だった。

*内容を追加しました。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below