for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米渡航中止勧告は疾病管理が目的、五輪への影響見込まず=丸川担当相

[東京 25日 ロイター] - 丸川珠代五輪担当相は25日の閣議後会見で、日本に対する米国の渡航中止勧告について、疾病管理上のものであり、東京オリンピック・パラリンピックへの影響は見込んでいないと述べた。

米国務省は24日、 新型コロナウイルス感染が新たに広がっていることを受け、日本に対する渡航警戒レベルを「レベル4」に引き上げ、「渡航中止」を勧告した。

丸川五輪相は渡航中止勧告について「疾病の予防管理のために周知したもの」との認識を示し、「今回の引き上げでは日本への渡航回避が勧告されてはいるものの、必要な場合の渡航まで禁止されているものではないと承知している」と述べた。大会の開催に向け、安全・安心な環境確保を最優先に考えて内外の感染状況の把握に努めると語った。

さらに、米国五輪・パラリンピック委員会も米国代表の出場に影響はないとの声明を出しているとし、東京大会を巡り「影響が何か見込まれるということはない」と指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up