for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米通貨当局などと意思疎通図り適切に対応=為替で鈴木財務相

[東京 12日 ロイター] - 鈴木俊一財務相は12日、為替に関し、国際社会で合意済みの考え方に沿って「米国などの通貨当局と緊密な意思疎通を図りながら適切に対応していきたい」と述べた。同日午前の閣議後会見で語った。

鈴木財務相は「為替の水準についてコメントすることは控える」と断ったうえで、為替の安定が重要との考えをあらためて示し、「急激に変動することは望ましくない」と語った。足元の円安進行を含め、「為替市場の動向や日本経済への影響をしっかりと、緊張感を持って注視していく」との考えも述べた。

過度な為替変動や無秩序な動きが経済や金融の安定に悪影響を与え得るなどとする主要7カ国(G7)合意などに基づき、適切に対処する考えも強調した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up