February 5, 2018 / 9:30 AM / 5 months ago

自衛隊ヘリが佐賀の民家に墜落、乗員1人死亡・1人行方不明

[東京 5日 ロイター] - 防衛省は5日午後、陸上自衛隊のヘリコプターが佐賀県神埼市の住宅地に墜落したと発表した。ヘリは民家に落下して炎上、乗員2人のうち1人が死亡した。もう1人は今も捜索中。民家の住人4人のうち、女児1人がけがをしたとの情報もある。

警察と消防が被害の確認を急いでいる。

墜落したのは陸自の対戦車ヘリ「AH64-D」。整備後の点検飛行中で、午後4時43分ごろ、佐賀県吉野ヶ里町にある目達原駐屯地の南約4キロの地点に落下した。搭乗員2人のうち、副操縦士の高山啓希1等陸曹(26)が死亡。機長の斉藤謙一2等陸佐(43)は行方不明で、今も捜索を続けている。防衛省は当初、1人死亡、1人心肺停止と公表していた。

民家には4人が住んでおり、NHKによると、小学5年生の女の子1人がひざを打撲した。現在4人は避難をしている。

墜落を受け、安倍晋三首相は自衛隊が保有する13機のAH64-Dすべての飛行停止と、自衛隊全ヘリの点検を指示した。小野寺五典防衛相は「民家に墜落したのはたいへん申し訳なく、重く受け止めている」と謝罪した。

自衛隊の航空機は事故が相次いでいる。昨年5月には陸自の「LR2」連絡偵察機が北海道北斗市の山中に墜落し、乗員4人が死亡、8月には海上自衛隊の「SH-60」哨戒ヘリが青森県沖の日本海に墜落し、乗員2人が死亡した。10月には航空自衛隊の「UH-60」救難ヘリが静岡県浜松市の沖合に墜落し、乗員3人が死亡した。

*内容を追加して再送します。

久保信博

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below