for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

23日からエジプト大統領選、初の民主的選挙に5000万人投票へ

5月23日、エジプトで約30年続いたムバラク政権崩壊後初となる大統領選挙が始まる。写真はカイロの投票所に設置された投票箱。22日撮影(2012年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[カイロ 23日 ロイター] 約30年続いたムバラク政権が昨年2月に崩壊したエジプトで、大統領選挙の投票が23日から始まる。同国で初めての開かれた大統領選となり、約5000万人の有権者が投票に参加するとみられている。

この選挙には、同国最大のイスラム原理主義組織ムスリム同胞団の傘下政党、自由公正党のムハンマド・モルシ党首のほか、元外相でアラブ連盟前事務局長のアムル・ムーサ氏、アハマド・シャフィク前首相、同胞団元幹部のアブデルムネイム・アブルフォトフ氏など12人が立候補している。

エジプトでは、3週間にわたって候補者が公式選挙活動を展開。米国式のテレビ討論会が行われたほか、新聞も候補者へのインタビューを掲載し、各地には選挙ポスターが並んだ。

23─24日の投票で過半数の獲得者がいなかった場合、上位2人による決選投票が6月に実施される見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up