for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アップル幹部、アンドロイドやサムスン電子を批判

3月13日、米アップルでマーケティングを統括するフィル・シラー氏(写真)は、米グーグルの「アンドロイド」や、同OS搭載のスマホを開発する韓国のサムスン電子に批判的な見方を示した。写真は昨年10月、米サンホセでのアップルイベントにて(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 13日 ロイター] 米アップルAAPL.Oでマーケティングを統括するフィル・シラー氏は13日、ロイターとのインタビューに応じ、米グーグルGOOG.Oのモバイル端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」や、同OS搭載のスマートフォン(多機能携帯電話)を開発する韓国のサムスン電子005930.KSに批判的な見方を示した。

サムスンは14日、スマートフォンの新機種「ギャラクシーS4」をニューヨークで公開する。アップルのお膝元の米国でシェアを拡大できるか、関心が集まっている。

シラー氏は、グーグル独自の調査で、アンドロイド端末の大多数のユーザーが旧バージョンのOSを利用していることが明らかになっていると指摘。サムスンの新機種も1年前のOSを搭載する可能性があり、ソフトの更新が必要だと批判した。

同氏は、アンドロイドには多数のバージョンが出回っているという「断片化」の問題があり、「ギャラクシーS4も1年近く前のOSを搭載するとのうわさがある。顧客はOSのアップデートを待つ必要がある」との見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up