for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニー、ティム・シャーフ氏が取締役で復帰へ

[東京 8日 ロイター] ソニー6758.Tは8日、6月20日の株主総会で決議する新しい取締役の体制を同日の指名委員会で内定したと発表した。

取締役会議長のハワード・ストリンガー氏(71)と、今年3月31日まで副会長を務めていた中鉢良治氏(65)が退任するほか、昨年12月末までソニー・ネットワークエンタテインメント社長を務めていたティム・シャーフ氏が取締役として復帰する。

新しい取締役の体制は13人。現14人の体制から4人が退任し、3人が新任となる。ストリンガー氏と中鉢氏が退任することで、社内出身者は平井一夫社長と加藤優最高財務責任者の2人が残る。シャーフ氏は、社内の執行役は兼務せず、取締役に専念する。

アップルAAPL.Oからソニーに転じたシャーフ氏は「家族との時間を大事にしたい」との理由で昨年12月末でソニーを退職していた。ただ、ソニーによると「シャーフ氏の社内外での見識を生かしてもらうために、執行役を持たない取締役として就任を依頼した」(広報)という。

新取締役体制は、執行役兼務が2人。昨年末までソニーに所属していたシャーフ氏は社外取締役の要件は満たさないため、社外取締役は10人となる。新任の社外取締役の1人には、原田泳幸・日本マクドナルドホールディングス2702.OS社長が就任する予定。

(ロイターニュース 村井令二)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up