for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(17日)=急伸、リスク許容度上昇

 [台北 17日 ロイター] 17日のアジア通貨は急伸。米国の鉱工業生産が増加し、リスク許容度が上昇したことを受けドルが全面安となり、インドネシアルピアIDR=、韓国ウォンKRW=、タイバーツTHB=などは約1年ぶり高値を付けた。

 フィリピンペソPHP=は1カ月ぶり高値を付けたほか、マレーシアリンギMYR=も上昇し、8カ月超ぶり高値を付けた。

 JPモルガンはリポートで「アジア通貨はテクニカルな節目を超え、リスク許容度の上昇と新興国資産価格の急伸と連動している」と述べた。

 インドネシアルピアは続伸し、08年10月以来の高値である1ドル=9560ルピアまで上昇した。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが、インドネシアのソブリン格付けを引き上げ、「Ba2」としたことが背景。ドルが9900ルピアを割り込むと、ストップロスを巻き込んでルピア高が加速した。インドネシアの6連休を控えたポジション調整にも支援された

 その後、利食いで9620ルピアまで押し戻された。ただルピアの対米ドル相場は年初来約15%上昇している。

 韓国ウォンは1ドル1204ウォン近辺まで上昇し、昨年10月以来の高値を付けた。ただ、韓国当局の金利に関する発言が交錯したほか、同中銀によるドル買い介入でウォン相場は伸び悩んだ。

 マレーシアリンギは1ドル=3.46リンギまで上昇。

 フィリピンペソも1ドル=48.36ペソと1カ月ぶり高値を付けた。

 *0640GMT(日本時間午後3時40分)時点のアジア各国通貨の対米ドル相場は次の通り。

 シンガポールドル    1.4106

 台湾ドル     32.337

 韓国ウォン   1203.85

 タイバーツ       33.62

 フィリピンペソ     48.05

 インドネシアルピア  9630.00

 インドルピー       47.98

 マレーシアリンギ   3.4660

 人民元        6.8256

原文参照番号[nTP369123](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nTP369123]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up