for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(22日)=シンガポールドル上昇、韓国では当局がドル買い介入

 [シンガポール 22日 ロイター] 22日のアジア通貨市場では米ドルが総じて軟調で、シンガポールドルが上昇した。ただ介入警戒感から上値は限られている。

 一方、韓国ではウォン高を受けて当局が米ドル買い介入を実施した。

 この日はマレーシア、インドネシア、日本が休場。

 シンガポールドルSGD=は0.3%高の1米ドル=1.4145シンガポールドル。

 シンガポールのトレーダーは「シンガポールドルはこれまでのところ狭いレンジに張り付いている。政策バンドの上限に近づいたようだ。従って1.4140─50シンガポールドルが米ドルの下値支持線になると思う」と述べた。

 トレーダーによると、韓国ウォンKRW=は外国勢による韓国株買いが続く中、0.2%上昇して1201.75ウォンをつけたが、すぐさま当局がドル買いによるウォン高抑制に動いたという。

 *0539GMT(日本時間午後2時39分)時点のアジア各国通貨の対米ドル相場は次の通り。

 シンガポールドル    1.4142

 台湾ドル     32.368

 韓国ウォン   1202.65

 タイバーツ       33.67

 フィリピンペソ 47.62

 インドルピー 48.18

 人民元        6.8280

原文参照番号[nSP191276](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nSP191276]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up