for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ワシントン州で嗜好用大麻の販売解禁、食品加工も事業認可

 7月9日 ワシントン州では8日、嗜好品としての大麻販売が解禁となった。写真は販売初日に街で大麻模様のソックスをはいた男性(2014年 ロイター/Jason Redmond )

[シアトル 9日 ロイター] - 嗜好(しこう)品としての大麻販売を開始した米ワシントン州で8日、大麻を使用した飲料や菓子を製造する企業が事業認可を受けた。今後、大麻を販売する店舗向けに飲料や食品を提供する見通し。当局者が9日明らかにした。

同州で大麻を使用した食品などの事業認可を初めて得たのは、シアトルを拠点とする「Db3」。認可により、大麻を栽培し、厨房で調理を行うことが可能になる。当局によると、大麻食品加工の認可を受けたのはこのほか2社。

ワシントン州では8日、コロラド州に続き、嗜好品としての大麻販売が解禁となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up