for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米AIGが政府支援脱却へ、納税者の投資利益は227億ドルに

12月11日、米財務省が米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の保有株式をすべて売却する計画で、納税者は合わせて227億ドルの利益を得る。写真は同社のロゴマークと雨粒。都内で2009年2月撮影(2012年 ロイター/Michael Caronna)

[11日 ロイター] 米財務省は、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)AIG.Nの保有株式をすべて売却する計画で、納税者は合わせて227億ドルの利益を得る。AIGが11日明らかにした。

財務省は保有するAIG普通株の残り2億3420万株を1株当たり32.50ドルで投資家に売却することで合意しており、約76億ドルを調達する見込み。

1株当たりの価格は、AIGの10日終値の33.36ドルから2.6%割り引いた水準となっている。売却は14日に完了する見通し。

AIGによると、財務省が保有するワラントも売却すれば、利益は227億ドルからさらに拡大する。

財務省によると、同省はAIGへの1820億ドルの金融支援で50億ドルの利益、米連邦準備理事会(FRB)は177億ドルの利益をそれぞれ得た。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up