for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

気球で成層圏へ、730万円での「宇宙旅行」を米企業が計画

10月22日、米アリゾナ州の新興企業が、気球で高度3万メートルに上昇し、宇宙から見たような地球の景色を楽しめる「成層圏旅行」計画を明らかにした。機体のイメージ図(2013年 ロイター/World View Enterprises, Inc.)

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 22日 ロイター] - 米アリゾナ州の新興企業が、気球で高度3万メートルに上昇し、宇宙から見たような地球の景色を楽しめる「成層圏旅行」計画を明らかにした。約2時間で費用は7万5000ドル(約730万円)だという。

この旅行を企画したのは、宇宙開発事業を手掛けるパラゴン・スペース・デベロップメントから分社したワールド・ビューという民間企業。同社のジェーン・ポインター会長によると、デモ機を使った試験飛行は年内に行う予定で、旅客を乗せた飛行は3年以内の実現を目指している。

現在開発中の機体は、パイロット2人と乗客6人の8人乗りになる予定で、旅行のチケットは数カ月以内に発売する計画だという。

米連邦航空局は、気球を使った「成層圏旅行」は、有人地球周回飛行と同じ安全基準を満たさなくてはならないとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up