for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オバマケアめぐる不透明感、雇用や設備投資の足かせ=米経営者団体調査

[4日 ロイター] -米医療保険改革法(オバマケア)など規制関連のコストをめぐる不透明感が、引き続き雇用や設備投資の足かせになっていることが、米経営者団体「ビジネス・ラウンドテーブル」の調査で明らかになった。

調査によると、米企業の最高経営責任者(CEO)の約39%が、今後6カ月の最大の懸念要因として規制関連のコストを挙げた。

ビジネス・ラウンドテーブルの議長を務めるボーイングBA.Nのジム・マクナニーCEOは4日、電話会議で「オバマケアをめぐっては、頻繁に特例が出てくるようだ」と指摘。そうした制度に関する不透明感が「投資や雇用をためらわせている原因」との認識を示した。

ただし調査では、米経済全般については、緩やかに上向いているとの見方が大勢となった。企業経営者の景気見通し指数は第4・四半期は84.5となり、第3・四半期の79.1から上昇した。同指数は50を上回ると経済活動の拡大が見込まれていることを意味する。

調査は11月4─21日に実施。経営者ら120人が回答した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up