for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

円安による一部食品価格の上昇、動向把握し注視=林農相

 6月30日、林芳正農林水産相は、閣議後の会見で、一部食品価格が円安の影響で上昇傾向にあることについて、「食品価格の動向の把握に努め、小売り価格についても注視していく」と述べた。2月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 30日 ロイター] - 林芳正農林水産相は30日、閣議後の会見で、一部食品価格が円安の影響で上昇傾向にあることについて、「食品価格の動向の把握に努め、小売り価格についても注視していく」と述べた。

同相は「日本の食料品価格は、原材料を含め、多くを輸入しているため、為替相場の動向に影響を受ける」とし、7月以降、一部の小麦粉製品やチョコレートなどで、円安の進行による原材料価格の高騰を理由に値上げが発表されていることを承知しているとした。

環太平洋連携協定(TPP)の妥結に必要な米大統領の貿易促進権限(TPA)法案が、オバマ大統領の署名によって成立したことについては、「今後、(日米)2国間で残された課題を議論し、首席交渉官会合を開いた後に閣僚会合が開催される予定だ」としたが、具体的なスケジュールについては決まっていないと述べた。

宮崎亜巳

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up