for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-米議会、テック大手に新たな規制案 自社製品優遇など禁止へ

 10月14日、米議会の超党派議員でつくるグループは、グーグルの親会社アルファベットやアマゾン・ドット・コムなどの大手テクノロジープラットフォームが自社の製品やサービスを優遇することを禁止する法案を提出する方針だ(2021年 ロイター)

(脱字を補いました)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米議会の超党派議員でつくるグループは、グーグルの親会社アルファベットやアマゾン・ドット・コムなどの大手テクノロジープラットフォームが自社の製品やサービスを優遇することを禁止する法案を提出する方針だ。

ロイターは13日、数千に上るアマゾン内部文書の調査で、同社が最大の成長市場であるインド事業で、自社プライベートブランドの販売推進のため他社商品を模造したり、検索結果の操作を組織的に行っていたことが分かったと報じた。

今回の法案は、フェイスブックやアップルなどハイテク企業を規制する目的で今議会に提出された多くの法案の一つ。これまでのところ、どの法案も成立していないが、独占禁止法関連機関の人員を増やす法案は上院を通過している。

民主党のクロブシャー上院議員の事務所によると、同法案は来週初めに提出されるという。特に、各プラットフォームが他社に自社商品・サービスの購入を義務付けたり、検索結果を有利に操作することを禁じている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up