for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

コラム:米FRBの止まらぬ権限拡大に鳴り響く「警鐘」

[パロアルト(米カリフォルニア州) 3日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米スタンフォード大学フーバー研究所のストーファー講堂入口には、ミルトン・フリードマンの肖像が掲げられている。IDは付いておらず、どのような人物か明示されていないが、もとよりそんな必要はない。

 6月3日、政治家らが、中銀当局者を魔法使いのように考えてしまうことが当たり前になっているのだろう。しかし中銀当局者が失敗に見舞われる前に、彼らの能力の限界を認識することが健全な行動だ。写真は昨年7月、ワシントンのFRB本部で撮影(2014年 ロイター/Jonathan Ernst)

ここに入る人々はすべて、自由市場経済の守護聖人であるフリードマンを知らないはずはないとみなされる。それは当然のことながら、先週、2日間にわたって講堂に集まった欧米の中央銀行関係者にもあてはまる。彼らは、金融政策における原理主義者とでも称されるかもしれない。

この会合は、元財務次官でスタンフォード大教授であるジョン・テイラー氏が呼び掛け、米地区連銀の元総裁や欧州中央銀行(ECB)の元理事、学界における金融政策の専門家などが顔をそろえた。議論したのは世界の中央銀行を動かす新たな政策の枠組みだった。

こうした金融政策のタカ派の面々による主張は、何十年も前からそんなに大きく変わっていないだろう。しかし、金融危機が世界の市場と経済を大混乱に陥れてから5年余りが経過した今、彼らの声にあらためて耳を傾けるだけの価値がある。

彼らの意見には幅があったものの、そこには共通の信念が存在していた。すなわち、米連邦準備理事会(FRB)は金融政策と信用政策において、自らの存在を脅かすような形で裁量的な権限を拡大してしまったというものだ。これは単純な伝統重視主義ではない。力を持った中央銀行当局者による告白であり、彼らは自分たちの限界を承知していて、みじめに失敗するよりは権限を制限してもらう方を望むという。なぜなら失敗を犯せば、FRBの独立性の消滅につながりかねないからだ。

リッチモンド地区連銀のラッカー総裁は若干ぼかした表現でこの点に言及。「信用の割り当てという分配政策への関与が、金融の安定に不可欠な中央銀行の独立性の根底をなす微妙な均衡状態に脅威となるのは避けがたい」と述べた。

それだけではない。FRBやその他の中銀に対し、過大な期待が寄せられているという認識も強まっている。財政政策から効果的な支援が得られない中で、中央銀行は景気刺激を担う唯一の存在と化している。特にワシントンではそうだ。選挙の洗礼を経ていない金融当局者に認められた新たな権限は、いずれも政治家の怠慢を覆い隠すものになっている。これは市場や経済にとって、最終的にはFRBにも健全なこととはいえない。

今回の会合メンバーに対して、新しいやり方を批判する旧時代の連中だと片付けたくなる面はある。話し手はほぼ一様に、古くはアダム・スミスやウォルター・バジョット、より近くはポール・ボルカーやフリードマンといったタカ派の権威をこぞって引用した。会場(フーバー研究所のストーファー講堂)が、1929年の株式大暴落への鈍い対応ぶりがその後の大恐慌をもたらしたと考えられているフーバー大統領の名を冠した場所というのもぴったりだ。

しかしテイラー氏らは、金融政策分野における単なるラダイト運動主義者(技術革新反対者)ではない。ここに2008年以降に生じた2つの否定できない事実がある。第一は、中央銀行当局者が異例の対応を求められてきたことであり、第二は政治的な礼儀正しさが事態を悪化させてきたという点だ。これらは相互に作用してきた可能性もある。

FRBが世界を救うためにやってきたことすべてを考えてみればよい。3回の量的緩和やバランスシートを数兆ドル規模にまで拡大させたことなど、実験的な金融政策が実施されてきた。FRBは買い入れる資産について相当なリスクのある分野までを対象に加え、いわゆる「オペレーション・ツイスト」を通じて保有債券の平均償還年限も長期化した。

信用政策の権限も広がり、AIGAIG.Nとベアー・スターンズの救済に参加したほか、ウォール街の証券会社を銀行へと転換させた。さらに金融市場におけるあらゆるバブルの芽を監視することを受け入れて、実質的にマクロプルーデンス政策面の監督機関としての役割までも引き受けている。

その一方で、米国の政治機構は機能不全になった。数年前に広がっていた歳出と税制に関する包括的な与野党合意(グランド・バーゲン)成立への期待は、実現しなかった。むしろ、与野党の歩み寄りはより難しくなっている。財政赤字は縮小したが、それは英知を集めた政策によってではなく、立法上の偶発事態によるものにすぎない。

金融政策はこうした政治の怠慢の多くを引き取って正すことを余儀なくされ、大きなモラルハザードを定着させてしまった。FRBの原理主義者はこの危険性を認識している。フィラデルフィア地区連銀のプロッサー総裁はそのことをスタンフォードの聴衆に「われわれはうまくできると知っていることを行う必要がある。FRBに振り向けられる任務が多くなるほど、最適な形で処理するのが困難になっていく」との表現で説明した。

政治家や有権者、投資家が、中央銀行当局者を魔法使いのように考えてしまうことがどんどん当たり前になっているのだろう。ところが、近頃の中銀当局者は、へびだらけの沼地を進んでいく探検者の側面が強い。彼らが失敗に見舞われる前に、彼らの能力の限界を認識することが健全な行動だろう。それは議員たちをまともな立法作業に立ち戻らせることにもなるかもしれない。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up